Bluebeam Revu iPad

Bluebeam® Revu iPad を使えば、いつでも、どこでも PDF ファイルにアクセスして作業できます。業界標準のシンボルを使用して PDF に注釈を付けたり、フィールドの測定値をその場で検証したりできます。また、注釈を独自に定義し、保存して、セッション全体で再利用できます。

Revu の統合ソリューションである Bluebeam Studio を使用して、世界中のプロジェクトパートナーとクラウドでコラボレーションできます。共有ドキュメントでリアルタイムに作業することも、iPad でファイルを同期して自分の都合の良い時間に作業することもできます。違いを体感するには、タップとスワイプを試してください。

App Store で購入




ファイルの同期

Dropbox、Box、Citrix ShareFile、Studio プロジェクトまたは WebDAV のアカウントと iPad と間でファイルやフォルダ全体を同期させることができます。ファイルはバックグラウンドでダウンロードされるため、中断されることなく作業を継続できます。いったん同期が完了したら、インターネットアクセスの有無にかかわらず、世界のどこででも PDF の作業を行うことができます。後でアクセスするために、[File Access] タブや Document Manager からカスタムカテゴリに直接ファイルやフォルダを固定して管理することもできます。

クラウドに保存されているドキュメントと自分のデバイスに保存されているドキュメントとをフィルタで区別して表示できます。シンプルなアイコンにより、iPad に再度同期されているかどうかがすぐにわかります。

注釈と測定

テキスト、メモ、蛍光ペン、クラウド、吹き出し、長さ、領域、外周、体積、半径、その他の測定値やコメントなど、Revu の様々な注釈ツールや測定ツールを PDF で使用できます。色、塗りつぶし、不透明度、線タイプまたはフォントを簡単に変更して、注釈をカスタマイズできます。カメラツールで撮影した画像やビデオ、またはメディアライブラリの画像をコメントに埋め込み、内容をよりわかりやすくすることもできます。フィールドの測定値を検証し、[フィールド検証] タブで測定単位と比率を調整して、Revu の Windows バージョンで作成されるカスタム計算式を使用します。いつ、誰が、何を言ったのかを知りたい? Revu のマークアップリスト技術により、各注釈の作成者、日付、時刻、コメントが記録されます。

コラボレーション

Bluebeam Studio を使えば、いつでも、誰とでも、クラウドでコラボレーションができます。指定されたプロジェクト ID だけで既存の Studio プロジェクトに参加でき、コラボレーションの準備が完了します。新規または既存の Studio セッションに PDF をアップロードして、プロジェクトのパートナーを招待し、リアルタイムに、または各自の都合に合わせて同じ PDF を表示したり、チャットしたり、注釈を付けたりできます。

さらに、コラボレーションで PDF をリアルタイムに更新しながら、セッションにプロジェクトの PDF をアップロードして変更をチェックインできます。Studio GO® を使用すると、Studio プロジェクトの大型ドキュメントが即座にレンダリングされるため、現場ですぐに作業を開始できます。すべてのセッション活動はレコードに記録されます。レコード上のリンクで PDF に戻り、過去のセッション活動を簡単に見直すことができます。